ファッションアイテムのリサイクル

不要になったアイテムの利用方法

気に入って買ったはずなのに、もともと持っていたアイテムとの相性があまりよくなかったり、サイズが合わなくなってしまったり、はたまた、飽きてしまったりと、身に着けなくなってしまうことってあるものです。
とはいえ、別に傷んでいるわけでもなく、まだまだ現役。
そんな状態であれば、持ち主を変えることで、再び輝いてくれることでしょう。
そんな時は、家族やお友達の間で交換してみてはいかがでしょう。
自分には合わなくても、他の人から見れば、魅力的なものもあるはずです。
新しく買うコストも抑えられるうえ、廃棄されてしまう量を減らすことにも役立ちます。
モノを減らしたい、という希望が強い場合であれば、譲ってあげたり、古着屋さんに持ち込んだり、オークションサイトに出品する、という方法もあります。

アイテムをリメイクしてみる

身に着けなくなってしまう理由はそれぞれです。
気に入っているのに、サイズが合わなくなってしまった。
身に着けたいけど、汚れや傷がついてしまったことで、それができなくなってしまった、という場合もあります。
製品としては成立しなくなってしまったけど、素材や部品としてはまだまだ利用することができる、という場合は、思い切ってリメイクしてみてもよいでしょう。
衣服であれば、切り取って「布」として、小物入れにしてみたり、スカーフのような、別のアイテムに作り変えたりすることもできます、
手芸店などには型紙だって売られていますから、思い切ってリフォームしても楽しめますよ。
アクセサリーなどであれば、分解して、装飾の部品にしてみたり。
新しい趣味になるかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る